小学生に成長応援飲料を飲ませるなら、安心して飲めるセノビックを

栄養成分は勿論、安全性にも配慮して作られた成長応援飲料

 

セノビックは大手製薬メーカーのロート製薬が「成長期のすべての子どもたちに大切な栄養素をサポート」するために開発し、自信を持って世に送り出した成長応援飲料です。

 

 

セノビックで補給できる栄養素

 

セノビックにはカルシウム、ビタミンD、鉄分といった成長期に必須とされながら普段の食事では十分に補給しきれない栄養素がふんだん配合されている他、今話題のボーンペップも入っているのが特徴です。このボーンペップは鶏卵が短い期間にヒナに孵るメカニズムを解明する研究を行った際に発見された卵黄ペプチドで、骨の成長を促して身長を伸ばす効果があると言われています。

 

勿論、他の栄養素も大事な物ばかりで、例えばカルシウムは成長期の児童の骨や歯を強くするのに欠かせません。またビタミンDにはカルシウムを沈着させる役割があり、更に鉄分は体の各組織に酸素を届ける血液中の赤血球を作る材料となる成分です。

 

セノビックを服用する時は牛乳に溶かしますが、単に牛乳のみを摂取した場合とセノビックを溶かして飲んだ場合とでは、これらの栄養素の一日当たりの栄養等表示基準値に占める比率に大きな違いが出ます。

 

 

【牛乳のみ】 【牛乳+セノビック】
カルシウム 49% 86%
ビタミンD 19% 75%
鉄分 1% 81%

 

正に一目瞭然と言った感じですが、一方で「栄養が良くてもカロリーが高いと肥満になりそう」と気にする親御さん達もいるでしょう。しかしその点についてもご心配なく。セノビックの一日の摂取目安量(2杯)の熱量はおよそ40kcal、1杯なら20kcalに過ぎません。

 

これに牛乳が加わりますが、低脂肪タイプを選べばカロリーを少なくできるでしょう。寧ろお子さんたちが好きな清涼飲料水やスポーツドリンクに比べれば低カロリーと言える程です。

 

好き嫌いの激しいお子さんを持つ親御さん達の味方に

 

小学生というのは食べ物の好き嫌いがはっきりする年頃で、家庭でも「発育に必要だから」と出した小魚を残すなど、育ち盛りに必要なもの程、受け付けてくれなかったりするものです。食事の際に親が匙を口まで運んで食べさせていた幼い頃とは違い、自分で食事を摂れる年齢になると、苦手な野菜は避けて好きな物だけを選んで食べるようになってしまいます。

 

そんなお子さんの偏食に悩む親御さんにとって、毎日コップ2杯で健やかな成長をサポートしてくれるセノビックは心強い味方となるでしょう。

 

もっともセノビックを取り入れれば偏った食生活を続けて良いという訳ではありません。ただ幼稚園児や小学生をはじめとする育ち盛りのお子さんを対象とするこの製品は、成長期に不足しがちな栄養素は何かを考えて作られていることは確かです。それと同時に安全に配慮して、有害なものを排除しながら製造されてもいます。

 

更に一般的になサプリメントと違い、服用する時は牛乳と一緒にシェイカーに入れて飲むというのも好ましいのではないでしょうか。この方が食料品のような感覚で続けられるのと思います。

 

伸び盛りの時期にセノビックを

 

そんなセノビックが多くの消費者から厚い信頼と高い評価を得ていることは、その販売数の多さが物語っています。実際、多くの親御さん達が「子供の身長を高くしてあげたい」という一心でセノビックを購入しているのだとか。

 

小学生に上がるとお子さんの活動範囲も広がり、運動量も増えていきますが、更に学年が上がれば今度は二次性徴の兆しも現れてくるでしょう。それは男の子より女の子の方が1年か2年早く訪れ、身長の伸びが目立つようになってきます。正にセノビックを飲み始めるのに最適と言える時期です。親御さんとしてはその時期を見逃さずにセノビックを取り入れて、お子さんの成長力を大きく引き出してあげて下さい。

 

最後にセノビックの公式サイトをご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみましょう。