肝機能障害、高カルシウム血症...セノビックの気になる副作用の噂について検証してみた

常識的な範囲で使用する限り、腎臓にも肝臓にも影響はない

 

新たにセノビックを購入しようかどうか考えている親御さん達がまず気にするのが、安全性でしょう。やはり毎日子供が飲むことを考えればこれは当然だと思います。特にお子さんがアレルギー体質なら、含有成分のチェックは欠かせないはずです。(セノビックの含有成分などの詳細を知りたい方は、こちらをクリックして公式サイトへ移動して見ましょう。)

 

 

実際に調べてみると、セノビック中には卵由来の成分が含まれていることが分かります。その成分とはボーンペップとの呼び名を持つ卵黄ペプチドです。これは成長促進効果を高めるために配合されているセノビックの特徴的な成分ですが、アレルギー体質の人が口にすると下痢、嘔気、蕁麻疹といった症状が出る可能性があり、重篤な場合には痙攣を伴う危険性も指摘されています。ですから卵アレルギーのあるお子さんにはおススメできません。万が一、そうしたお子さんに誤って服用させた場合、本人に想定外の苦痛を与えてしまう恐れがあるので、くれぐれも注意して下さい。

 

「含有成分のプロテインが肝機能障害を誘発する」という噂の真相

 

他にも何か問題はないのでしょうか?

 

インターネットでセノビックの副作用について調べてみると、「含有成分のカルシウムが腎臓に悪い影響を与える」とか「プロテインの摂取で肝臓に機能障害がでる」といった趣旨の情報も目につきます。若しこれが事実なら心配ですが、実際にこれら情報はどこまで信頼できるのか、その真偽の程を検証してみることにしましょう。

 

先ずカルシウムですが、過剰摂取によって腎臓に沈着し、それによって高カルシウム血症を発症するリスクがあると言われています。こうした問題は癌を発症している人が多量に摂った場合に懸念されるのだそうです。しかし、このように少数の特殊な状況にある人が通常の使用量を越えて服用した場合を想定した話は、大多数の人には当てはまらないでしょう。カルシウムはセノビックの主要な配合成分ではありますが、利用者の多くは癌の闘病中でもない子供たちのはずです。健康な子供たちが使用量を守りながらセノビックを飲んでいる限り、こうした腎臓の機能障害を起こすことはまず考えられません。

 

またプロテインによる影響について考えてみましょう。こちらも摂り過ぎによって肝機能障害を招く可能性があるとされています。ただこれもカルシウムの摂取と同様、指定された目安量に従って服用するのであれば、たとえ毎日飲んでいても摂り過ぎたり肝臓に過剰な負担を掛けたりする心配は全くないと言えます。そもそも5種類あるセノビックのうち、プロテインが入っているのはポタージュ味とバナナ味の2種類だけです。

 

確かにネットを検索してみると、セノビックの副作用として、腎臓や肝臓への機能障害などを指摘する情報が検出されるのは事実です。そうした情報に接するとビックリするかもしれませんが、実際には健康上の問題のない人が常識的な範囲で服用するなら何ら心配することはないのです。

 

ただ最初に触れたようにアレルギーを持つお子さんに与えると蕁麻疹や痙攣などを惹き起こす可能性があるので、例外的にその点に関しては注意する必要があります。