幼稚園児にはまだ無理なの? 高校生では遅すぎる? セノビックを飲める年齢は?

身長が伸び終わるまでなら効果が期待できる

 

「うちの子はまだ幼稚園。飲ませるのはまだ早すぎるかしら?」...セノビックの評判を聞いて関心をもった母親たちから、時々こうした質問が寄せられます。結論から言えば、大丈夫です。公式サイトでも利用者の声を掲載していますが、その中には「4歳の娘が飲んでいます」という母親のコメントも紹介されています。

 

 

販売元からは「下は何歳から上は何歳まで」といった具体的な年齢は示されていないようですが、対象者に幼稚園児も含まれるとしているので、年少クラスの3歳児から利用可能と解釈して良いでしょう。公式サイトでも「一般食が食べられるお子さま」「牛乳がお飲みいただけるお子さま」であれば大丈夫との説明しているので、年齢を基準としなくてもそれを目安に与えるかどうか判断して良いと思われます。

 

味は5種類、本人の好きな味を選べる

 

 

ただ食事は一般食でも幼稚園児くらいでは食べられない物もまだかなりあるし、本人も食べ物の選り好みが激しいといったこともあるでしょう。だから「セノビックを与えても飲んでくれないかも...」というお母さん方の不安もごもっともだと思います。しかし、ご心配には及びません。セノビックはヨーグルトやポタージュ、ミルクココア、バナナ、いちごミルクと味の種類が豊富で、この5つ中から本人の嗜好に合わせて自由に選べるからです。特にバナナ味とかいちごミルク味は幼いお子さんに好評のようです。ですから、まずは喜んで飲んでくれそうな味を試し飲みさせてあげると良いでしょう。

 

尚、セノビックの公式サイトをご覧になりたい方は、こちらのリンクからアクセスできます。

 

効果が期待できる年齢は何歳まで?

 

逆に上は何歳までが対象なのでしょうか?

 

カルシウムなどの栄養補給を理由に飲むなら、年齢の上限などないと言って良いのですが、身長を伸ばすために飲むのであれば、成長が止まる時期までとなります。

 

人間の背丈の伸びが止まる年齢は人によって差異があるので、一概に何歳までと線引きできないのですが、女の子の場合だと高校に入学する頃には止まってしまいます。男の子はもう2、3年長く、高校生になってからでも身長は伸び続けますが、それも卒業する頃までとなります。

 

このため身長を伸ばす目的でセノビックを飲むならこの時期まででしょう。つまりセノビックに身長を伸ばす効果があると言っても、それはあくまで背が伸びる可能性がある時期の人が飲むことを前提とした話なのであって、セノビック自体に背を高くする働きがある訳ではありません。

 

セノビックにはカルシウムやビタミンD、鉄分、卵黄ペプチドなどの栄養素が配合された成長期応援飲料です。このサプリメントの役割は発育の盛んな時期に必要なこれらの栄養素を補うことで、背丈が伸びるのをサポートすることにあります。

 

ですから「高校生になってからでは遅い?」などということはなく、特に男の子など背が伸びる可能性がある限り効果が期待できると思います。個人差があるのは確かですが、この先も背が伸びる可能性があるかどうかは、本人の成長グラフなどを作って検討してみましょう。

 

 

以上のことから、セノビックを飲めるようになるのは一般食が摂れる頃、年齢でいえば3歳頃から、背が伸びる効果が期待できる上限は女の子なら高校入学まで、男の子ならもう2、3年先までというところでしょうか。何れにせよ、効果が得られる年代は思ったより広いようで、販売元でもセノビックを「園児も!小中高生も!成長期のすべての子どもたち」を対象に「栄養素をサポート」する飲料だと説明しています。

 

ただ注意して欲しいのは、セノビックは背を伸ばすための魔法の薬ではないということです。いくら成長を助ける栄養素が配合されていると言っても、普段の食生活が乱れていては意味がありません。サプリメントと言うのはバランスの良い食事を摂っていても尚、不足する栄養素を補うために利用するもので、セノビックとてその例外ではないからです。